焼津商工会議所について

焼津商工会議所とは

焼津商工会議所は焼津市内(旧大井川町を除く)の会員(商工業者)で構成される民間の総合経済団体で昭和26年(1951年)9月設立されました。商工会議所の生みの親である渋沢栄一の「企業と社会を結ぶ」という静清を原点に約60種類のサービスをご用意して地域事業所をサポート、市内商工業者の進行発展に努めると共に地域の商工業者の代表として会員の要望・意見をまとめ、行政をはじめ関係諸団体へ働きかけを行っています。

概要

法的根拠

会員数

2104事業所(平成28年3月31日現在)

活動範囲

焼津市(旧大井川町を除く)

主要役員

会頭 久野 匠一
副会頭 畑 昇
副会頭 増田 照正
副会頭 小原 照光
専務理事 岩谷 壽夫
監事 今本 昇
監事 山本 肇
監事 多々良 匡
常議員
  • 木村 充宏
  • 村松 孝保
  • 青木 一郎
  • 松永 勝裕
  • 高橋 信吾
  • 鈴木 隆
  • 石原 直
  • 大石 訓永
  • 西川 角次郎
  • 石田 亘
  • 鈴木 隆昭
  • 鈴木 雄二郎
  • 寺岡 洋司
  • 橋本 勝策
  • 服部 敏之
  • 大井 達也
  • 長谷川 政敏
  • 中山 嘉昭
  • 服部 幸夫
  • 松村 吉剛
  • 山田 潤
  • 松永 美佐子
  • 松田 光弘
  • 山田 哲也
  • 橋ヶ谷 善生
  • 巻田 達央
  • 村松 康範
  • 齋田 久人
  • 大石 格之助
  • 市川 義朗
  • 田形 淳
  • 見﨑 成
  • 松田 敏孝

第24期行動計画基本方針

元気な人!元気な企業!元気なまち焼津!
~地域と企業の希望ある明日(みらい)を目指して~

組織体制

委員会

常任委員会

運営委員会 会議所財政基盤、庁舎管理、表彰、人事等に係る事項
産業経済委員会 地域開発、産業経済開発、流通機構等に係る事項
税務対策委員会 税制問題、税務取り扱い等に係る事項
運輸通信委員会 道路、輸送、通信等に係る事項
金融対策委員会 融資制度、融資枠拡大、季節融資等に係る事項
観光委員会 観光開発、観光宣伝、観光土産品等に係る事項

特別委員会

小規模事業者
経営改善資金審査会
小規模事業者経営改善資金融資申込者審査斡旋に係る事項
総務企画委員会 焼津商工会議所組織と運営等に係る事項

重点事業検討委員会

地域資源活性化委員会
  • 焼津市水産業クラスター事業を推進し、市内外への焼津水産ブランドの認知度向上
  • 地域資源の「焼津ブランド」化の構築の検討
防災検討委員会
  • 企業防災チェックリストの普及と定着
  • 焼津市の安全・安心を確保する対策の提言
  • 津波対策あんしん基金への募金呼びかけ
まちデザイン委員会
  • 10年、20年後の将来の焼津のまちの姿“魚のまち焼津”-駅周辺、内港周辺、これらを結ぶ移動空間」に「もてなし、おいしさの提供、食の体験や交流、癒し、楽しさの発見」-の各ゾーンの具体策の検討
  • 産業観光への取組みの提案
会員増強委員会
  • 会員増による、組織・財政基盤の強化・充実
  • 組織
  • 財政基盤の強化による基礎体力の向上、市内商工業者への強力な支援、市内産業経済の発展